(書評)【文章が上手くなる】20歳の自分に受けさせたい文章講義/古賀史健【ブログ始める前に読むべき】

ブログを始めるに当たって、某サイトで読んだ方が良いと勧められていたのがこの本。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

楽天で買いたい方はこちら

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを書いた古賀史健氏の著書。

 

職業柄、文章を書くことが多いが、漠然と私が考えていたことがたくさん詰まってて、非常にスッキリした。

 

後輩たちにも是非読んでみてもらいたいし、ブログを趣味で書いている人に限らず、文章を書くことが仕事の中心の人にも是非読んでもらいたい。

 

参考までに以下に目次を書いておく。

はじめに 「話せるのに書けない!」はなぜか?

第1講 文章は「リズム」で決まる

第2講 構成は「眼」で考える

第3講 読者の「椅子」に座る

第4講 原稿に「ハサミ」を入れる

この本の素晴らしいところは、各講の終わりにその講で言いたかったことが1頁に要約されているところである。

その頁を読めば、だいたいどんな内容が書いてあったのか復習できる。

この本を買うかどうか迷っている人は、本屋でその要約を読んでみて、具体的な内容を読みたくなったら、買えば良い。

著作権の関係で、その要約をここに記載できないのは大変残念であるが、その要約ページだけ私は手元で繰り返し読んでいる。

各講いずれも参考になるが、私が特に意識するようになったのは、古賀史健氏が第1講で述べられている

・文章は「リズム」で決まる

→「接続詞」を意識すれば、文章は論理は破綻しにくくなる。支離滅裂な文章は、文と文の「つなげ方」がおかしい。

端的に言えば、接続詞は大切だということである。

仕事柄、他人が書いた文書をたくさん読むことが多いし、論理的な思考が必要とされる場面(特に裁判などで法解釈・法適用が問題となる場面など)が多いが、しっくりこない書面は接続詞の使い方がおかしく、論理的ではない文章が多い。

私自身、論理的な文章を書くよう、心がけているつもりではあるが、改めて接続詞を正しく使用することを意識したいと思った。

是非、一度、皆様にも読んでもらいたい。

なお、古賀史健氏も最後に書かれているが、この本を読むだけでは文章を書く力は向上しない。

実際に文章を書いてみることが肝要である。ということでこのブログを書いたのであった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください