(投資)【バイオプ】ゴトー日取引・仲値取引【有効?儲かるの?】

仲値取引をご存知だろうか。

バイオプのトレード手法の中でも、よく紹介されるのが、日本時間10時の「仲値」に向けた、米ドル/円上昇を利用するのが「仲値取引」である。

(※厳密には金融機関の米ドル/円の仲値は日本時間9時55分に決まり、その後、10時ちょうど頃にレートが公表される)

極めてシンプルに言うと、①金融機関の窓口では午前9時55分のインターバンク市場の水準を参考に対顧客公示レートを決め、その後よほど大きな為替変動がない限りは、この「仲値」がその日一日のあいだ適用される基準為替レートとなる、②金融はその日1日の取引で利益を得ようと、仲値を高く設定するために、午前9時55分に向けて円安を目指す、③そのため、午前9時55分を境に円高となる、と説明されていたりする(論者により、説明の仕方が多少異なる)。

午前9時55分を境に円高になる傾向を利用して、午前9時55分付近の1番高いところで、バイオプにてローに入れることで高勝率を生み出す(ゴトー日ならば、なおこの傾向が強いと言われている)。

という理論を利用したのが「仲値取引」であり、かかる取引の有用性が至るところで謳われていたりする。

具体的には、午前9時54分50秒あたりで①午前10時00分を判定時刻とするローを、②午前10時05分を判定時刻とするローをそれぞれ購入するという手法が説明されている(なお、国内業者は短時間取引が禁止されているため、この手法は海外のバイオプ業者でなければ実現不可能である。)。

今年の10月8日(月)にこの手法を説明しているYoutubeの動画を見た、私は10月9日(火)から10月31日(水)で実践してみた。

その結果・・・

16勝18敗(ゴトー日 3勝7敗)・・・見事に負け越しである。

(内訳)*一つ目の記号が午前10時00分、二つ目の記号が午前10時05分を判定時刻とするもの

10月9日  ○○

10月10日 ×○(ゴトー日)

10月11日 ○○

10月12日 ○○

10月15日 ×○(ゴトー日)

10月16日 ○×

10月17日 ××

10月18日 ○○

10月19日 ××(20日が土曜日のため、ゴトー日)

10月22日 ××

10月23日 ○○

10月24日 ×○

10月25日 ××(ゴトー日)

10月26日 ×○

10月29日 ××

10月30日 ○×(ゴトー日)

10月31日 ××

 

検証期間が短いと言われれば、その通りであるが、3週間を試して、50%の勝率を超えない以上、この手法は私は採用してないこととした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください