トラリピEA~XM-GOLD取引で最強?~1ヶ月で50万円が100万円に~

1 トラリピEAを作ってみた

もともと外為オンラインやマネースクエア社のサイクル取引やトラリピを利用していたのだが、スプレッドが広い(手数料が高い)、少額(少ない資本)で取引ができないという問題があり、最近は敬遠してたけど、MT4でトラリピと同じロジックを有するEAを使ったら、良いんじゃね?と思い、EAを作ってみた(厳密にはエンジニアに作らせた)。
*以下の記事を参考に、もし欲しい方が居たら、適宜問い合わせ窓口からどうぞ(できれば、TARITARIを開設してから利用して欲しいなー)。

2 トラリピEAを使ってみた

そして、このEAを使ってみた。
結論的には、1ヶ月で50万円が100万円強となった(但し、含み損が-20万円くらい)。

その時の設定の大要が以下。

使用ブローカー XMtradingTariTari経由で開設)
対象通貨ペア GOLD(XAU/USD)の両建て
トラップレンジ 1500-1610ドル
トラップ幅 1.5ドル
利益確定幅 1.5ドル
買いLOT 0.1-0.2LOT
売りLOT 0.3-0.4LOT

こんな感じの設定が個人的には最強だと思っている。ポイントは、①24時間自動売買してくれるし、ロジックが極めてシンプルで、想定損失が計算しやすい。②GOLDは売りだとプラススワップ、買いだとマイナススワップなので(XMtradingの場合)、売りの方がLOT多め、③TARITARI経由で開設したXMtradingを利用すると、取引毎にキャッシュバックがもらえつつ、XMP(XMtradingの独自のサービス)が溜まり、さらに安全に運用できる。

3 トラリピのリスク

と、言っても、このトラリピEAは弱点もある

トラリピを使った人はわかると思うけど、トラリピの特徴は、ざっくり言って、プラスポジションを順次決済して、マイナスポジジョンは(プラスになるまで)残る
例えば、1ドル=109円のときに、以下で設定し、その後、一直線で110円に吹き上げた場合、

対象通貨ペア 米ドル(USD/JPY)の両建て
トラップレンジ 109円-110円
トラップ幅 0.1円
利益確定幅 0.1円
買いLOT 0.1LOT(1万ドル)
売りLOT 0.1LOT(1万ドル)

0.1LOTの買いポジションが10回決済され、残高は1万円増える一方、含み損は55,000円生じる。さらに110円よりも上に円安が進めば、どんどん含み損は拡張していく。
トラリプEAにとって、最も理想な展開は狭いレンジで、ちょこちょこ上下に動き、利確を繰り返し、残高を増やすことである。

繰り返しとなるが、トラリピEAの運用開始当初はほぼ確実に(利確金額)-(含み損)の実質損益はマイナスとなる(ちなみに友人は運が良く、狭いレンジで動くある通貨を使ってEAを稼働させたところ、初日からずっと実質損益がプラスだった・・・)。

一定のレンジ内で、取引、そして、利確を繰り返すことによって、徐々にこのマイナス幅が狭まってきて、次第にプラス幅が大きくなっていくことを狙うEAなのである。

なお、念のため、上記は取引回数重視で売り買い両建設定をすることを前提にしている。両建の場合、その性質上、当然に一方向に相場が進むと(少しずつ残高が増えるものの)含み損がどんどん増えるという傾向がある。なので、両建設定をする場合は、運用当初は、利確金額<含み損がどうしても先行する。繰り返しとはなるが、一定のレンジで、利確を繰り返すことによって、残高、すなわち許容損失(ロスカットが耐えられる値幅)が増えていき、そして、運用レンジをどんどん広げていくことになる。これが自分の陣地を拡大していくようで面白い。

一方で、買い、あるいは売りの一方だけで、運用するのもそれはそれで構わない。私は取引回数重視で両建にしたが、リスクを減らしたいという場合には、トレンド方向にトラップを仕掛ければ良い。例えば、上昇トレンドであれば、買いのトラップ。この場合、自分が想定したレンジの頂上に達した場合には、含み損はゼロになり、現金残高が増えた状態(増額分が確定利益)になるはずである(両建の場合、この場合も含み損が残った状態になる。)。

4 トラリピの設定例(初心者用)

私はGOLDでトラリピを設定するのがオススメであるが、そもそもFX初心者の方、あるいはトラリピ初心者の方は以下のような感じの設定で、試してみると良い。それことノンリスクで試したければ、GemForexの2万円の口座開設ボーナスを利用して、試してみると良い。結構短い期間で増える。

対象通貨ペア 米ドル(USD/JPY)の両建て
トラップレンジ 106円-112円
トラップ幅 0.2円
利益確定幅 0.2円
買いLOT 0.01LOT(1,000ドル)
売りLOT 0.01LOT(1,000ドル)

この設定で、週5,000円の実現益を達成し、未だに少しずつ増えていっている友人がある。
これで慣れた方には次のような設定もオススメ。ポイントは、ボラがそこそこあるのに加えて、ポジションを保有し続けても、プラススワップなので、美味しい。

対象通貨ペア ユーロランド(EUR/ZAR)の両建て
トラップレンジ 16-18ランド
トラップ幅 0.05ランド
利益確定幅 0.05ランド
買いLOT 0.05LOT(5,000ユーロ)
売りLOT 0.05LOT(5,000ユーロ)

5 トラリピの奥の手(上級者用)

先に書いたとおり、トラリピはトレンドが急激に出たときに弱い。例えば、ずーっと110円~112円のレンジにいたのに、1日でいきなり3円下がり107円になったら、含み損の拡張が割とヤバイことになる・・・(2020年のコロナのせいで実際にこれくらいの動きがあった)。

そんなときの凌ぎ方としては、自分が想定しているレンジの端っこに、厚めのエントリー注文を入れて、一時的に両建にすることをオススメする。例えば、110円~112円のレンジを設定して、両建でトラリピを稼働させていただ場合、110円のところにショートのエントリー注文厚め、112円ロングのエントリー注文厚めを入れておく(トラリピで発生している全既存ポジションと両建てになるくらいに)。

そうすれば、急激なトレンド発生を原因としたロスカットは回避できる。もちろん両建てしたポジションをどう処分するか、、、という問題は残る。それはトレンドが終了したと思えるタイミングで、利確するか(レンジをはみ出している場合=利益がでている場合)、あるいは、トラリピでちょこちょこと増えているであろう残高と相殺する(レンジをはみ出していない場合=両建玉が含み損を持っている場合)のが良い。このさじ加減が難しいところがあるが、この手法を身につけると比較的安心してトラリピを使うことができる。

2020年3月3日更新:ボーナスがある海外FX業者20社!【おすすめの口座開設ボーナス/入金ボーナス】(更新随時)

↓クリックいただいたら、ランキングが上がります。よろしければクリックをお願いいたします!


海外FXランキング

4 件のコメント

  • 初めまして。記事を拝見しご連絡させて頂きました。

    前々からこちらシステム(XAU/USDの両建てによるトラリピEA)に興味を持っており、導入を検討しております。

    購入価格はいくらになりますか?
    また、キャッシュバックをメイン利益に考えておりますので、50万円スタートにおける月間の取引回数も教えて頂けますと幸いです。

    お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

  • 初めまして、こちらのTwitter読んで、先月からタリタリ経由、ゲムで取引始めました。
    こちらのE Aに興味を持ちました。
    入手方法教えて頂きたく宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください